金庫の鍵や暗証番号

金庫はあまり使う機会の無いものですが、大切なものを入れるときに使います。
銀行の通帳や家の登記簿、普段使わない印鑑などをしまう場所で、耐火用など何か災害や泥棒に入られたときにも安全な隠し場所です。
たまにしか使わないものなので、金庫の鍵を紛失してしまったり、ダイヤル式の場合には暗証番号を忘れてしまうというケースがあります。
金庫の鍵を紛失したり、暗証番号を忘れてしまうとセキュリティがしっかりしているものは自分では開けることは難しいです。

そういうときには専門の鍵屋に連絡すると良いでしょう。
金庫は大型のものがあり、家から運ぶのは難しいものがあるので、自宅まで来てもらうと良いです。
連絡をすると日時を自分の都合の良いときに決められます。
鍵屋では、レバーのあるセキュリティの高い金庫の鍵も開けてくれるサービスがあります。
ダイヤル式やレバーの付いているものなど、金庫の種類は多いのですが、金庫の鍵は専門の知識がある人が専門の工具を使うことで時間を掛ければ開けることができるので、困ったときには連絡して開けてもらいましょう。
一度開けることができた場合には、暗証番号を教えてくれたり、合鍵を作ってくれるので、金庫を再利用することが可能です。

コメントを残す