ドアノブのトラブルが発生したら鍵屋に

ドアノブが開きにくくなっていたら要注意です。

内部の部品が破損することで、開かなくなってしまうこともあるからです。ドアのトラブルはDIY感覚で修繕できないことも多いので、鍵屋に相談しましょう。

修繕の必要がない場合もありますし、交換が必要な場合もあります。最終的に判断するには鍵屋の専門家としての知識と見解が重要です。修繕や交換を行う前に開かなくなってしまい、どうしても開ける必要があるときは鍵開けを依頼します。

鍵穴から工具を入れて開けられる場合もありますが、基本的には鍵穴を破壊して開けることが多いです。鍵穴を破壊して開けるのは、ドア本体を損傷させることなく鍵だけで対処するからです。鍵周りのトラブル対処は、再発予防も大切ですから、部品の修繕よりも丸ごと交換したほうが良い場合が多いです。

ドアノブは消耗品として理解しておくと良いでしょう。今まで使用していた鍵は使用できなくなります。玄関ドアや貴重品の保管庫のドアは、セキュリティも重要です。鍵穴から工具を入れて開ける方法は応急処置には良いのですが、防犯の観点では好ましくありませんので、鍵交換を実施しましょう。鍵交換を行なうことで、鍵開けを行なった専門業者でも容易には開けられなくなり、新しい鍵が設置された時点でセキュリティ度が高くなります。

コメントを残す